ラベル自動貼付ノウハウ

早わかりサイトガイド

TOP > ラベル自動貼付ノウハウ

ラベル自動貼付ノウハウ

マウンタを使ってラベルを貼ることができます。マウンタのスロットに、ラベルフィーダカセットを挿入する(パーツフィーダカセットではなく)ことで、電子部品実装と同じようにラベルを基板上に置く(貼る)ことが可能です。既存マウンタを使用すれば、導入までの時間が大幅に削減可能になり、更にイニシャルコストも抑えることができます。

ラベルを自動貼付するための専用機です。インライン式とバッチ式(アウトライン)があり、トレーサビリティを行う実装ライン数や工場のレイアウトなどに合わせて使い分けます。

ラベルフィーダーカセット/ラベル自動貼付専用機(ラベラ) 比較表

設置箇所 自動貼付タイプ メリット デメリット
インライン マウンタ用
ラベルフィーダカセット
・イニシャルコストが非常に安い
・導入までの期間が短い
・段取り替え時間がほとんど不要
・ラベル貼付工程の無人化が可能
・貼付精度が高い ※1
・実装ライン長に影響を与えない
・ラベル厚みに起因するハンダ印刷不良無し
・マウンタからの履歴しかとれない
・ラベルを貼るライン数分の台数が必要
インライン式ラベラ ・はんだ印刷前から履歴管理が可能
・ラベル貼付工程の無人化が可能
・貼付に関する人為的なミスがない
・導入までに時間がかかる ※2
・ラベルを貼るライン数分の台数が必要
・ラベル厚みに起因するハンダ印刷不良の可能性あり
・実装ラインが長くなる
アウトライン バッチ式ラベラ ・はんだ印刷前から履歴管理が可能
・1台で複数ライン分の貼り付けも可能
・チョコ停でも実装ラインを止めない
・実装ライン長に影響を与えない
・導入までに時間がかかる ※2
・工場内に設置スペースが必要
・実装前にラベル貼付時間が発生する
・貼付後、実装ラインまで基板を運ぶ必要あり
・ラベル厚みに起因するハンダ印刷不良の可能性あり
・人為的なミスが発生する可能性あり

※1 貼付精度はマウンタ精度と同じになります。
※2 専用機の開発期間が発生します。これはレーザを導入する場合でも変わりません。

マウンタ取付式ラベルフィーダカセットの特殊な使い方

工場内に使用していないマウンタがある場合、マウンタ用ラベルフィーダカセットを取り付けることで、マウンタをバッチ式ラベラとして使用することができます。

ラベル自動貼付専用機の内製化

web窓口

電話窓口